検索
  • あまがさき法務事務所

在留資格と在留ビザ


<在留資格とビザ>

「え?日本で活動するときに必要なのがビザじゃないの?」

こんなお声を多々耳にします。

一般的に言われている日本で滞在(在留)するのに必要な「ビザ」は正しくは「在留資格」といいます。

本来、ビザとは「査証」のことであり、在外公館が発行する、その国へその人物が入国しても差し支えないと示す証書のことです。

また、「在留資格」とは日本に在留して行うことのできる活動等を類型化したもので、この「在留資格」が認められるか否かが外国人にとって日本で滞在(在留)し、活動をしていけるかの大きなポイントとなります。

外国に滞在する外国人の場合は・・・

日本での就労などの「在留資格」を取得。

 通常は、その外国人を招聘する(雇用する)日本の企業の担当者などが手続をします。

本国の日本大使館等でビザ(査証)を取得

「在留資格認定証明書」と「ビザ(査証)」を持って日本に入国

通常はこのような流れになります。

日本に滞在する外国人は、本来のビザ(査証)と「在留資格」を一緒くたにして在留資格のことを「ビザ」と読んでいますが、むしろ「在留資格」のことをビザと呼ぶことが一般的になってしまっていることから(入国管理局の担当官も「ビザ」と呼んでいるのを耳にします)、当サイトでも「在留資格」のことを便宜「在留ビザ」と表記しております。


17回の閲覧

在留ビザサポートサイト

行政書士チェックマーク法務事務所 

661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町1丁目26番28号南塚口ビル本館6階

TEL:06-6428-5006 FAX:06-6428-5016

​【業務対応地域】

兵庫県全域・尼崎・西宮・神戸・大阪府全域・京都府全域・全国対応可能

ソーシャルメディア:

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Clean